M-SQニュース 医療ニュースから、学会ダイジェストなど医療従事者が知りたいニュースを発信!

HOMEM-SQニュース>最新の医療・介護セミナー研修のリリース情報

【ユニリハ】 【もう業者さんを呼ばなくて大丈夫】やってみようよ! 車椅子メンテナンスセミナー10/27 八王子会場

2015年10月27日 00:00

【「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。実はとても簡単なんですよ。車椅子のメンテナンスを実演しながら伝授します。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者さんを呼ばなくても大丈夫ですよ。】
---------------------------------------------------------------------------------
■車椅子のメンテナンスを怠る事で、ブレーキが効かず、後方へ転倒したり、車椅子上から滑落する事故が依然聞かれています。臨床での、このような事故を回避するため、車椅子の調整は各病院や施設で取り組まれているかと思います。しかし、道具は何を使ったらいいのか、どこを調整すればいいのか、やってみたけどわからない。さまざまな問題や早い対応に差し迫り、不必要な道具を買ってしまったり、業者さんを呼んで余計な出費や時間を割いていませんか。
■そのような問題を解消するため、的確で効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすく簡単にご説明します。しかも、明日からその技術をすぐに生かしていただくために車椅子の調整に必要な最低限の工具をセットにしてプレゼントします。
■講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士が伝授します。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。
■メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせてご紹介します。日常に絞ったシーティングポイントとなるため、簡単で誰にでもできる技術です。

楽しい~「こども」の在宅ケア~  

2015年10月26日 00:00

講師は、在宅現場支援経験20年~の看護・介護・リハビリ・親の会役員・当事者です。
今までの経験をもとに「こんなときどうしたらいいの」の声にお応えします。

看護師のための医療英語コミュニケーション講座 【入門クラス】体験デモレッスン

2015年10月27日 00:00

10月・11月開講 看護師のための医療英語コミュニケーション講座
【入門クラス】の体験デモレッスンを開講いたします。
【入門クラス】は日本人看護師の教師が担当し、体の部位の名称、患者の症状を聴取する際に必要な医療英単語・フレーズ 、問診のロールプレイを学びます。英語力が初級の方におすすめです。

この秋、医療英語コミュニケーション講座の受講を考えている方を対象に、IPECの看護英語専任教師である日本人看護師と米国人看護師の教師が、それぞれ入門クラスと基礎Ⅱクラスの体験レッスンを行います。「授業がどのように行われるのか知りたい」、「どのクラスを受講するのが良いかまだ検討中」という方は、ぜひデモレッスンにご参加頂き、それぞれのクラスの英語レベルや看護・医療知識のレベルをご確認下さい。
皆様のお越しをお待ちしております。

体験デモレッスンの詳細はこちら
http://www.topec.org/medical_seminar.html

看護師のための医療英語コミュニケーション講座
本コースの詳細はこちら
http://www.topec.org/medical_about.html

《無料》 よくわかる!病院経営マーケティングセミナー

2015年10月27日 00:00

 少子高齢化による日本の人口構造の変化は、病院経営に大きな影響を及ぼす要因であり、国や行政の医療政策も大きく変化しています。病院は来るべき地域医療構想への対応のために、その経営戦略と進むべき方向性をエビデンスに基いて策定する必要に迫られています。
 本セミナーでは、様々なデータベースを駆使して、医療圏の現状(マクロ)を把握し、自院の患者データと医療需要を示す各種統計データから自院のポジショニングを把握する分析手法や結果を各分野の専門家がわかりやすく解説します。病院関係者様限定のセミナーです。是非ご参加ください。

医師一人ひとりを適切に評価する人事評価制度の導入・構築法

2015年10月27日 00:00

 医師一人ひとりの貢献度を適切に評価・承認し、組織のベクトルを共有する人事評価制度の構築はこれからの病院経営において最も必要な戦略の一つです。
 当セミナーでは医師との信頼関係を深化させ、モチベーション向上を目指す人事評価制度の効果的な構築・運用ノウハウをご紹介します。
 医師人事評価制度の期待効果は「①報われ感の向上」「②気づきの促進」「③組織ベクトルの共有」の3点です。
 「①報われ感の向上」とは、一人ひとり役割が異なる医師に対して、多様な視点から役割や貢献を評価・承認し、一人ひとりの存在意義を認めること。
 「②気づきの促進」とは、医師であっても人事マネジメントの枠外に置かず、客観的データ(多面評価)に基づく振り返りと気づきの機会を与えること。
 「③組織ベクトルの共有」とは、病院としての期待医師像を整理し、あるべき姿、病院方針を浸透させる。フィードバック面談で理事長・院長と医師との対話の機会を作り、承認とねぎらい、戦略実現に向けた期待を伝えること。これらの3点の期待効果を実現させるための制度構築方法・運用方法を実際の事例をもとに、また導入後の院長の声もあわせてご紹介いたします。

1.医師人事評価の目的と考え方
 (1)医師人事評価制度におけるコンセプトの考え方
 (2)戦略と医師人事評価のつながり

2.医師人事評価制度の構築プロセス
 (1)「病院貢献」「患者対応」「チーム連携」「能力開発」の4つの視点で考える
 (2)医師が納得する人事評価のポイント
 (3)医師年俸制度の考え方

3.収益向上を実現する定量評価
 (1)医師における定量評価の捉え方
 (2)結果ではなくプロセスに重点を置く

4.方針浸透を実現する定性評価
 (1)評価項目と組織ベクトルの共有
 (2)コミュニケーションツールとしての定性評価

5.効果的な運用ノウハウ
 (1)多面評価者の選定方法とその結果の活用方法
 (2)フィードバックが継続して出来る制度・取組み
 (3)他病院における医師評価者研修の事例ご紹介 等

6.医師評価制度が上手く軌道にのっている病院のポイント
 (1)方針浸透型、対話重視型、成果型医師評価制度の事例紹介

7.医師人事評価制度構築・運用時に必ず出てくる疑問・実行障壁に対する考え方
 (1)医師人事評価制度構築プロジェクトのメンバーはどの範囲まで選定するの?
 (2)平均的な医師評価制度構築期間はどのくらい?
 (3)すぐにローテーションする医師でも評価は必要なの?

8.質疑応答

<無料>【10月27日銀座開催】ストレスチェック制度導入対策セミナー

2015年10月27日 00:00

ストレスチェック制度義務化への準備はできていますか?

「ストレスチェック制度」本来の目的を理解し、効果的に導入することで、かかる手間は最小限に、従業員満足度向上、離職率低下などの効果も期待できます!

医療・介護業界に特化した研修・コンサルティング会社として12年の実績を誇るZACの、現場を知り尽くした講師が「ストレスチェック実施者」の立場で最新情報をお伝えします!

リンパドレナージュとオイルマッサージ

2015年10月27日 00:00

むくみ、老廃物が溜まっている、細胞の老化が気になる…といった悩みには、浅部にはたらきかけるリンパドレナージュで老廃物の流れがスムーズになります。
リンパドレナージュに適したアロマテラピーブレンドオイルを作成し、実習します。
リンパ系と循環器系、消化吸収、排泄のメカニズムを理解し、リンパドレナージュを効果的に取り入れた、デコルテ、頸部、フェイス、腹部、下肢前面へのアプローチを学びます。
リンパを意識したセルフケアからスキルアップしたい方、ご家族や身近な方へのケアに役立てたい方、リンパドレナージュをプレトリートメントとして取りいれたい方へ。

介護現場で役立つレクリエーション・セミナー広島会場 ㈱余暇問題研究所主催

2015年10月27日 00:00

レクリエーションセミナーの内容

講義:介護施設の楽しいレクのためのチームワーク
    ~コミュニケーションの能力の向上に向けて~
実技:異なる介護レベルの集団への体操・ゲーム
 
演習:歌に合わせた体操を覚える

情報交換:参加者同士の交流を深める

緩和ケア・ターミナルケアにおける ポジショニングの実践セミナー

2015年10月27日 00:00

緩和ケア・ターミナルケアにおいてポジショニングが患者の身体及び心理に大きな影響を与え、その効果の重要性に対する認識は高まっております。一方で臨床現場におけるポジショニングは各患者において状況は異なり、実践していくことの難しさをよく伺います。この度、ポジショニングの先進国家であるドイツよりナースを招き、臨床で活用できる実技中心のセミナーを企画させていただきました。ぜひ、ご参加の程、ご検討お願いします。


習得ポイント!
★痛みの緩和を目指すポジショニング
★痛みをケアする患者の触り方、動かし方
★ポジショニングによる姿勢管理の方法

【ユニリハ】 【もう業者さんを呼ばなくて大丈夫】やってみようよ! 車椅子メンテナンスセミナー10/27

2015年10月27日 00:00

【「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。実はとても簡単なんですよ。車椅子のメンテナンスを実演しながら伝授します。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者さんを呼ばなくても大丈夫ですよ。】
---------------------------------------------------------------------------------
■車椅子のメンテナンスを怠る事で、ブレーキが効かず、後方へ転倒したり、車椅子上から滑落する事故が依然聞かれています。臨床での、このような事故を回避するため、車椅子の調整は各病院や施設で取り組まれているかと思います。しかし、道具は何を使ったらいいのか、どこを調整すればいいのか、やってみたけどわからない。さまざまな問題や早い対応に差し迫り、不必要な道具を買ってしまったり、業者さんを呼んで余計な出費や時間を割いていませんか。
■そのような問題を解消するため、的確で効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすく簡単にご説明します。しかも、明日からその技術をすぐに生かしていただくために車椅子の調整に必要な最低限の工具をセットにしてプレゼントします。
■講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士が伝授します。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。
■メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせてご紹介します。日常に絞ったシーティングポイントとなるため、簡単で誰にでもできる技術です。

PageTop

[ 運営会社 ]

有限会社メディカルスクウェア(医療系人材サービス・紹介)医師専用ダイヤル:0120-411-499(無料)
本社:〒542-0081 大阪市中央区南船場4-11-17 船場MKビル7階 TEL:06-4704-6640 FAX:06-4704-6641 
有料職業紹介事業許可番号  【27-ユ-300102】 

[ 運営会社HPへ ]

会社概要個人情報保護方針お問合せ