M-SQニュース 医療ニュースから、学会ダイジェストなど医療従事者が知りたいニュースを発信!

HOMEM-SQニュース>最新の医療・介護セミナー研修のリリース情報

【 マンツーマン! 】心エコーナイトセミナー ( 大阪開催 )

2015年09月24日 00:00

このセミナーは
・今から心エコーを始める
・心エコーの練習段階である
・Bモード画像が上手く出せない
という方にオススメするセミナーです。

「難しいところを整理して考える」ことにより、とても楽しくなる心エコー。
プローブの持ち方・動かし方から確実に習得できますので、「ゼロからのスタート」の方も大歓迎です。

予め送付するテキストに目を通すことにより、スムーズにセミナーに入ることができます。

■■■【錦糸町】マイナンバーが10月よりついにスタート !! 緊急直前情報!!■■■

2015年09月24日 00:00

☑マイナンバー法とはどうゆう法律か?
☑法人番号もらった後の手続きは? 事業所にマイナンバー?
☑就業規則の作成、変更、運用のポイント
☑労務管理するうえで最重大なポイントがある
☑漏えい事を未然に防ぐポイント!従業員への周知・徹底方法は?
☑会社での準備を怠ると大変なことに・・・・・
☑マイナンバー対策を法的局面と実務面から理解したい

福祉・介護の接遇マナー研修

2015年09月24日 00:00

1.福祉・介護における接遇マナーとは
  お客様が、私たちに求めていらっしゃる接遇マナーとは何かということを、グループワークを通して考えます。

2.第一印象
  特に高齢者にとって、第一印象が重要であるということを、事例を交えてお伝えします。

3.身だしなみ(視覚55%)
  チェックリストを元に、受講者同士で他己チェックを行います。更に、介護現場特有の身だしなみについて
   講師よりワンポイントアドバイスを行います。

4.表情・態度等(視覚55%)
  表情の重要性、お客様との距離感、お客様と接する時の態度等について、実践を交えながら考えます。

5.言葉遣い(聴覚38%)
  グループワークを中心に、普段のお客様との会話の中での言葉遣いについて考えます。
  また、事例から言葉遣いについての気づきを得られます。

6.電話対応
  電話対応の基礎から応用まで、ロールプレイングを通して学びます。

7.外出時のマナー
  外出時の一般常識マナーを、ゲーム感覚でチャレンジします。

8.名刺交換
  ロールプレイングを交え、正しい名刺交換にチャレンジします。

【銀座 開催】 ~なぜ何シリーズ 「体温・呼吸」~

2015年09月24日 00:00

体熱はどこでどのようにられ、どのように調節されているのか、発熱はなぜ体力を消耗するのか。酸素は体でどのような役割を果たしているのか、酸素がないとなぜ死ぬのか、二酸化炭素は体に有害作かなど、酸素をうまく吸引できないメカニズムなどバイタルサインズの根拠を学びます。

介護予防・日常生活支援総合事業について

2015年09月24日 00:00

H27年介護保険改正により日常生活総合支援事業が開始されました。この事業は3年間の準備期間をおいて平成30年から全国で施行されます。介護保険制度上での要支援1,2の方を市区町村の管理下に置くことで地域包括システムの構築の一つの事業ともいえるのです。まだまだ知られていない新事業に戸惑いを持っている事業所の方も多いのではないでしょうか。
このセミナーでは、総合事業についてサービスの種類・システムの説明、総合事業に移行することによる影響を解説していきます。また総合事業に移行するに伴う国保連への事業費請求についても触れていきます。

【ユニリハ】 【もう業者さんを呼ばなくて大丈夫】やってみようよ! 車椅子メンテナンスセミナー9/24

2015年09月24日 00:00

【「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。実はとても簡単なんですよ。車椅子のメンテナンスを実演しながら伝授します。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者さんを呼ばなくても大丈夫ですよ。】
---------------------------------------------------------------------------------
■車椅子のメンテナンスを怠る事で、ブレーキが効かず、後方へ転倒したり、車椅子上から滑落する事故が依然聞かれています。臨床での、このような事故を回避するため、車椅子の調整は各病院や施設で取り組まれているかと思います。しかし、道具は何を使ったらいいのか、どこを調整すればいいのか、やってみたけどわからない。さまざまな問題や早い対応に差し迫り、不必要な道具を買ってしまったり、業者さんを呼んで余計な出費や時間を割いていませんか。
■そのような問題を解消するため、的確で効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすく簡単にご説明します。しかも、明日からその技術をすぐに生かしていただくために車椅子の調整に必要な最低限の工具をセットにしてプレゼントします。
■講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士が伝授します。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。
■メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせてご紹介します。日常に絞ったシーティングポイントとなるため、簡単で誰にでもできる技術です。

初めて学ぶ役職者講座【福岡】

2015年09月24日 00:00

役職者としてのスタートは、まず自分が役職者であることを受け入れることから始まります。

自分は組織から何を期待され、果たすべき役割は何なのか?上司・部下に対してどのように振舞えばよいのか、一般職との違いは何か?

明日から進むべき道が明らかになります!

【ST限定】STのための❝職種別❞NLP臨床活用セミナー

2015年09月23日 00:00

今回のセミナーでは、臨床でのNLPの活用法についてお伝え致します。

PTOTSTの皆さんは、日頃患者さんとどんなコミュニケーションを
とっていますか?
コミュニケーションは、大切だとは思っているけど、なんとなくやっている。
そんなことを思う方も多いかもしれません。

NLPとはその「なんとなく」を探求する実践的コミュニケーション心理学です。
日頃何となく感じていること、見ていること、聞いていること、言葉にしていることを
探求していくと、自分のコミュニケーションのパターン(クセ)が見えてきます。

例えば、なんとなく気の合う人、合わない人。
話の通じやすい人、話の通じにくい人。
同じリハビリでも、モチベーションを高くやってくれる人。
モチベーションが上がらない人。
その違いを生む違いはなんでしょう?

その違いを知るヒントは自分が普段何気なくとっている
コミュニケーションパターンの中にあるのです。

そして自分のパターンに気づくことで、患者さんの意欲をもっと引き出す
コミュニケーションがとれるようになったり、患者さんからの情報を
もっと集めることができるになったり、他職種との連携がもっとスムーズになる
など臨床で活用できることがたくさんあるのです。

今回のセミナーでは、自分が日々なんとなく五感を通して体験している事を
実際の事例を通して振り返り、明日からの自分のコミュニケーションを変化させ、
臨床に活用していくコツをお伝えします。

【OT限定】OTのための❝職種別❞NLP臨床活用セミナー

2015年09月23日 00:00

今回のセミナーでは、臨床でのNLPの活用法についてお伝え致します。

PTOTSTの皆さんは、日頃患者さんとどんなコミュニケーションを
とっていますか?
コミュニケーションは、大切だとは思っているけど、なんとなくやっている。
そんなことを思う方も多いかもしれません。

NLPとはその「なんとなく」を探求する実践的コミュニケーション心理学です。
日頃何となく感じていること、見ていること、聞いていること、言葉にしていることを
探求していくと、自分のコミュニケーションのパターン(クセ)が見えてきます。

例えば、なんとなく気の合う人、合わない人。
話の通じやすい人、話の通じにくい人。
同じリハビリでも、モチベーションを高くやってくれる人。
モチベーションが上がらない人。
その違いを生む違いはなんでしょう?

その違いを知るヒントは自分が普段何気なくとっている
コミュニケーションパターンの中にあるのです。

そして自分のパターンに気づくことで、患者さんの意欲をもっと引き出す
コミュニケーションがとれるようになったり、患者さんからの情報を
もっと集めることができるになったり、他職種との連携がもっとスムーズになる
など臨床で活用できることがたくさんあるのです。

今回のセミナーでは、自分が日々なんとなく五感を通して体験している事を
実際の事例を通して振り返り、明日からの自分のコミュニケーションを変化させ、
臨床に活用していくコツをお伝えします。

【PT限定】PTのための❝職種別❞NLP臨床活用セミナー

2015年09月23日 00:00

今回のセミナーでは、臨床でのNLPの活用法についてお伝え致します。

PTOTSTの皆さんは、日頃患者さんとどんなコミュニケーションを
とっていますか?
コミュニケーションは、大切だとは思っているけど、なんとなくやっている。
そんなことを思う方も多いかもしれません。

NLPとはその「なんとなく」を探求する実践的コミュニケーション心理学です。
日頃何となく感じていること、見ていること、聞いていること、言葉にしていることを
探求していくと、自分のコミュニケーションのパターン(クセ)が見えてきます。

例えば、なんとなく気の合う人、合わない人。
話の通じやすい人、話の通じにくい人。
同じリハビリでも、モチベーションを高くやってくれる人。
モチベーションが上がらない人。
その違いを生む違いはなんでしょう?

その違いを知るヒントは自分が普段何気なくとっている
コミュニケーションパターンの中にあるのです。

そして自分のパターンに気づくことで、患者さんの意欲をもっと引き出す
コミュニケーションがとれるようになったり、患者さんからの情報を
もっと集めることができるになったり、他職種との連携がもっとスムーズになる
など臨床で活用できることがたくさんあるのです。

今回のセミナーでは、自分が日々なんとなく五感を通して体験している事を
実際の事例を通して振り返り、明日からの自分のコミュニケーションを変化させ、
臨床に活用していくコツをお伝えします。

PageTop

[ 運営会社 ]

有限会社メディカルスクウェア(医療系人材サービス・紹介)医師専用ダイヤル:0120-411-499(無料)
本社:〒542-0081 大阪市中央区南船場4-11-17 船場MKビル7階 TEL:06-4704-6640 FAX:06-4704-6641 
有料職業紹介事業許可番号  【27-ユ-300102】 

[ 運営会社HPへ ]

会社概要個人情報保護方針お問合せ