M-SQニュース 医療ニュースから、学会ダイジェストなど医療従事者が知りたいニュースを発信!

HOMEM-SQニュース>最新の医療・介護セミナー研修のリリース情報

社会保障制度の危機と医療介護制度改革セミナー

2015年08月28日 00:00

Ⅰ.日本国民が直面する近未来の不都合な真実と対応策
  世界が模範とする国から反面教師になった日本、日本の医療介護費が割安という根拠が既に消滅、
  必要なのは財源とサービス提供体制全体のガバナンス改革

Ⅱ.地域医療連携推進法人が誕生した舞台裏と進化の方向
  迷走した地域医療連携推進法人を巡る論点整理、ターゲットを国公立病院改革としたことの意義、
  非営利新型法人が地域住民から支持を得て成長する必要条件

Ⅲ.社会福祉法人改革の本番は法改正後にやってくる
  厚生労働省の本気度が示された社会福祉法改正のポイント、財務諸表具体例の解説、
  課税リスクが高まるのはこれから

Ⅳ.都道府県による地域間競争が医療・福祉経営に与える影響
  医療・介護・福祉制度運営の成否を左右するのは知事、データヘルスの成功条件、
  日本の医療ICT政策の欠陥と打開策

Ⅴ.非営利新型法人のケーススタディ
  国公立病院、公的病院、社会医療法人、社会福祉法人がホールディング化する
  経営形態のケーススタディ

Ⅵ.徹底討論(参加の皆様と討論)

介護記録総点検セミナー(新潟)

2015年08月28日 00:00

・介護記録を書く意味
・介護記録を書く上でのポイント
・介護記録には何を書けばよいのか
・介護記録の総点検
・記録改善の方法
・事業所全体に伝達するためのポイント 

バイオセンサ、バイオデバイスの最新動向と製品開発への応用

2015年08月28日 00:00

 高度医療や社会の高齢化に伴い、国内そして世界の医療機器市場は拡大を続け、さらには携帯電話のデジタル機器の発展などによって、新しいパーソナル・ヘルスケアの機運が高まっています。医療機器産業は自動車や家電と同様な総合産業であり、日本が培ってきた多様なプロセス技術(半導体、有機、バイオ)が生かされる領域です。
 本セミナーでは、近未来の医療や健康科学を見据えながら、各種プロセス技術を駆使して開発した新しいバイオデバイスとして、無意識計測のためのウエアラブル・バイオセンサとBAN(BodyArea Network)の可能性、身体の代謝機能に着目した高感度な生化学式ガスセンサと疾病スクリーニングへの応用、そして、生体と人工物の融和を目指し、生体適合性を備えながらも生体エネルギーによって駆動可能なバイオデバイス:人工臓器モデルなどを紹介します。さらに、最新の研究動向と将来の医療デバイスの展望についても、分かりやすく、かつ詳細に解説します。

★頚動脈エコー トレーニングセミナー 【東京開催】

2015年08月28日 00:00

頚動脈エコー習得“とことん”セミナー

装置1台につき受講者2名で開催する、超少人数の実技セミナー
実際の患者さんを想定したモデル5名を検査します
「もっと少人数で徹底的に学びたい」との要望にお応えして再開しました

★腹部エコー トレーニングセミナー 【東京会場】

2015年08月28日 00:00

腹部エコー習得“とことん”セミナー

腹部エコーを「もっと少人数で徹底的に学びたい」!
装置1台につき受講者2名まで。 実際の患者さんを想定したモデル4名で行う実技セミナーです

介護現場で成果をあげる業務改善5つのポイント(名古屋)

2015年08月28日 00:00

1.問題解決の思考法
 ◎ストレングス視点でも組織を見る
 ◎PDCAってやる意味あるの?
 ◎心が動けば体も動く
 ◎チームが動くためのコツ
2.現場を徹底分析
 ◎分析の視点やその手法
 ◎何のために現場を分析するのか
 ◎理想の現場をビジョニングする
 ◎課題の抽出とそのワード化
 ◎チームで理想の現場を共有するために
3.行動につながる業務改善ポイント
 ◎スタッフの成長とモチベーションを引き出す対話力
 ◎その一言が指示待ち人間を作っている
 ◎成果を出す5つのポイント
 ◎現場におけるプレゼンテーションの基本

介護保険法改正、クレーム、法人の意向などにより、たびたび現場の業務改善・変革を求められます。管理職やリーダーは、常にサービスの在り方や組織、経営について問題意識を持ち、業務改善を企画・提案し、具体的な取り組みを行う力が必要です。現場を多面的な視点、着眼点、発想により、現場の問題点・課題を徹底分析し、解決に取り組むことができる、その一助となる研修です。「情報共有がうまくいかない」「決まったことが実行されない」「人が定着せず育成に手が回らない」などに対する具体的な提案とともに、効率よく解決策を見つける視点、対応力を手に入れてください。思考パターンを実際の現場に落とし込み、チーム力をあげ、内部におけるプレゼンテーション力をアップ。問題意識をスタッフにも共有化させ、着実に業務改善を成し遂げていきましょう。

【東京開催】女性活躍を推進するための人事制度構築の具体的なすすめ方

2015年08月28日 00:00

 政府の成長戦略の柱でもある女性の活躍推進。指導的地位に占める女性の割合を2020年までに30%にするという目標の下、各企業においても数値目標の達成に向けた具体的な動きが顕著となりつつあります。急速に進む少子高齢化や人口減少を背景として、もはや男性の力だけで組織を支えきれないことは明らかです。女性の活躍推進は、経営的合理性という観点からも必然の課題であるといえます。
 他方、女性の能力が十分活かされるためには、それを支障なく発揮できる職場環境が前提となります。結婚・出産・育児などのライフイベントへ柔軟に対応し、ワーク・ライフバランスが担保された人事制度 を構築することは、企業の継続的な発展を考える上で不可欠となっております。
 本セミナーでは、女性の活躍を推進する人事制度を現場レベルでいかに構築していくべきか、具体的な事例も交えてわかりやすく解説いたします。

【ユニリハ】 Universal Medical Therapyによる臨床研究と臨床実績8/28

2015年08月28日 00:00

【ボツリヌス療法とは】
ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法。
ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はない。
ボツリヌス毒素を成分とする「ボトックス(R)」という医薬品を、上肢・下肢・首・肩・背中などの筋肉に直接注射する

【ボツリヌス療法の適応】
世界80ヵ国以上で認められ、広く使用されている(2010年10月現在)。
日本では、上肢・下肢の痙縮、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸、小児脳性まひ患者の下肢痙縮や尖足に対して認可され、これまでに9万人以上の人がポツリヌス療法を受けている。

【ボツリヌス療法の効果】
筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用がある。
ボツリヌス菌によって産生される神経毒素の一つであるA型ボツリヌス毒素は、筋肉内に注射することで、筋肉に指令を出す神経に作用し、その筋肉の緊張をやわらげることができる。
筋の緊張が和らぐ為、関節が動きやすくなる、異常な姿勢や運動機能を改善させる等身体機能に変化が起こる。
見た目に姿勢や運動機能が変わらなくても、筋緊張による痛みが改善する、まとまった睡眠がとれるようになる、呼吸が楽になる、嚥下が上手になる、介護が楽になる等、様々な効果が得られている。

わかりやすい病院会計基礎実務コース(大阪)

2015年08月28日 00:00

 経理担当者は院内の各部署と情報をやりとりしながら業務をすすめていきます。そのため、新任スタッフがスムーズに仕事に取り組むためには、初めにその全体像や流れを把握しておくことが必要となります。
 この講座では、病院における会計の役割を解説し、経理担当者として理解しておくべき基礎を身につけていただきます。また、演習をまじえながら日常業務と決算業務における一連の手順を具体的に学んでいただきます。

【介護技術】 ボディメカニクスの理解 & トランスファーテクニック ~大阪駅チカ~

2015年08月28日 00:00

移動・移乗は食事や排泄、入浴、外出などの日常生活でどんな場面でも必要となる動作です。

高齢者や障がい者の自立支援に向け、どういった介護が必要なのか。

利用者と共に自分自身にも負担の少ない介護技術とは。

ボディメカニクスの活用とは。

このセミナーで基本的な【移動・移乗】の介護技術を復習しませんか。

こちらのセミナーはお申し込みが必須となります。

詳しいお問い合わせ、お申し込みは下記まで。
↓   ↓
フリーダイアル: 0120-937-132
e-mail: school@apis.co.jp
ホームページ:【ライフケアスクール】で検索
http://www.apis-scube.co.jp/event/index.html

PageTop

[ 運営会社 ]

有限会社メディカルスクウェア(医療系人材サービス・紹介)医師専用ダイヤル:0120-411-499(無料)
本社:〒542-0081 大阪市中央区南船場4-11-17 船場MKビル7階 TEL:06-4704-6640 FAX:06-4704-6641 
有料職業紹介事業許可番号  【27-ユ-300102】 

[ 運営会社HPへ ]

会社概要個人情報保護方針お問合せ