M-SQニュース 医療ニュースから、学会ダイジェストなど医療従事者が知りたいニュースを発信!

HOMEM-SQニュース>最新の医療・介護セミナー研修のリリース情報

☆腹部エコー ハンズオンセミナー 【東京開催】

2016年01月16日 00:00

腹部エコーを難しく、複雑に考えていませんか?
シンプルでわかりやすい初級者のための実技講習会(ハンズオンセミナー)です。

☆頸動脈超音波検査 少人数制ハンズオンセミナー 【東京】

2016年01月16日 00:00

頸動脈エコー
Bモードでの描出とドプラ法の手技まで! 頸動脈超音波検査の手技を丁寧に解説し、実際の装置を用いた少人数制の実技講習会(ハンズオンセミナー)です。

★頚動脈エコー トレーニングセミナー 【東京開催】

2016年01月16日 00:00

頚動脈エコー習得“とことん”セミナー

装置1台につき受講者2名で開催する、超少人数の実技セミナー
実際の患者さんを想定したモデル5名を検査します
「もっと少人数で徹底的に学びたい」との要望にお応えして再開しました

【 愛知開催! 】心エコーハンズオンセミナー 

2016年01月16日 00:00

このセミナーは
・今から心エコーを始める
・心エコーの練習段階である
・Bモード画像が上手く出せない
という方にオススメする少人数制(5名)のセミナーです。

「難しいところを整理して考える」ことにより、とても楽しくなる心エコー。
プローブの持ち方・動かし方から確実に習得できますので、「ゼロからのスタート」の方も大歓迎です。

予め送付するテキストに目を通すことにより、スムーズにセミナーに入ることができます。

【東京開催】救急患者における心エコ-の診かた≪ハンズオンスクール≫

2016年01月16日 00:00

心エコー装置と診断技術の進歩により、心エコーは心疾患の診断、治療に不可欠なものとなっています。
しかし、 心エコーは乳腺、甲状腺、腹部等のエコーと比べて、肋骨、肺等が障害物となるため、その描出が難しく、また心臓は動体であるため、機能評価という難問も存 在し、心エコーの習得を困難にしています。

そこで、実際の装置に触って頂き、どのようなアプローチから心臓、大血管を診れば良いのか、心臓の壁運動評価、 左心機能はどのようにすれば良いのか、どのような手順で検査を進めていけば良いのか、心臓の描出法から診断法までハンズオンで実技指導します。また、救急 患者ではどのような疾患を対象に診て行けばよいのか症例を交えて講義します。

内科、外科、麻酔科など循環器疾患を診る機会があるが、心エコーは苦手だとい う医師の方、日当直時、救命センター等で心エコーを撮る必要に迫られている医師の方に、救急患者を中心に心エコーで心疾患を診るポイント、ツボを会得して いただきます。

※1グループ5名までの少人数制で学んでいただきます。
※講師は現役で病院に勤務するベテラン現役超音波検査士です。

(認)リハビリの臨床で確実な結果が出せる 骨盤の評価とアプローチ法in富山

2015年12月06日 00:00

【骨盤(仙腸関節)は全身に影響を及ぼします】
骨盤は仙腸関節、恥骨結合、仙椎間関節等の数多くの関節を有する骨の集合体であり、人体の土台に相当する存在です。骨盤を評価やアプローチせずに患者様の身体を診る事は「地盤沈下で歪んだ家を、地盤を直さずに家だけ修理しようとする事と同様である」と言えます。
土台である骨盤(仙腸関節)だからこそ、骨盤の変位は頸部や足部まで影響を及ぼします。

例)下記の筋に高緊張や短縮を生じさせます。
PI側:大胸筋、胸鎖乳突筋、腹直筋、母指内転筋(手部)、ハムストリングス
AS側:腰部、僧帽筋、後頭下筋群、大腿四頭筋、拇指外転勤(足部)

 つまり、頸部筋緊張の左右差、頸部痛、肩関節の前方変位、肩関節の後退、腰背部の筋緊張の左右差、大腿四頭筋の高緊張や左右差、ハムストリング高緊張や左右差、骨盤のアライメント異常が上記の現象を引き起こしているという事です。

骨盤調整(仙腸関節調整)の効果
以下の項目に対して非常に高い効果を示します。
・頸部機能(頸部過緊張の緩和、側屈回旋可動域の改善)
・上肢機能(胸部肩胛上部手部過緊張の緩和、肩関節屈曲可動域の改善)
・起居動作時の下部体幹分離性の円滑化
・坐位立位バランス範囲の拡大
・体幹機能(筋緊張の調整、各可動域の改善)
・歩行機能改善(スウィング、スタンス共に)
・骨盤内圧現象による下肢血流量の改善
・脳卒中後遺症者の下肢痙性の抑制

  [短時間でリハビリのベースが作れる施術フォーマット]
二分以内で変化を出している事と、同じ事をして誰にでも結果が出ている事に注目して下さい。
*現在、仙骨と尾骨の調整はベーシックⅠ、Ⅱ検定試験でお伝えしております。
*年配者に対する施術方法もあります。
*背臥位での施術方法もあります。

[骨盤の評価とアプローチセミナー①]

[講義内容]
・頭蓋骨から始まる骨盤の歪みの機序
・骨盤の歪みを起因とした全身の筋連鎖の評価と治療
・仙腸関節の評価
・仙腸関節の調整

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験Ⅱ種(ラインケアコース)【1月16日~17日・東京】

2016年01月16日 00:00

現在、働く人の心の病による休職や離職、自殺の増加が深刻な社会問題となっています。

その様な中で、大阪商工会議所主催で職場のメンタルケアを目的としたメンタルヘルス・マネジメント検定試験のニーズが年々高まっています。

検定試験は、働く人の心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指し、職場内での役割に応じて必要な知識や対処方法を習得するものです。

【※※病院経営部門必須】2016年度診療報酬改定セミナー【静岡会場】

2016年01月16日 00:00

※「マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ」の筆者鳥海が医療制度と「2016年度診療報酬改定」のポイントを経営者、ベテランはもちろん、初心者でもわかるように解説!
※急性期・DPC病院の経営コンサルタントが現場視点で次期診療報酬改定で押さえておくべきポイントを予測

和田行男の“これからの認知症ケアの関わり方(福岡)

2016年01月16日 00:00

大ベストセラー『大逆転の痴呆ケア』の著者であり、NHKテレビ「プロフェッシ ョナル仕事の流儀」などでおなじみの、認知症の人の生活支援、グループホー ムケアの先達、和田行男氏。認知症の人を「介護される人」から「社会とつな がって生きる人」へと導く支援は、多くの人から支持されている。そんな和田行 男氏をお迎えしてのスペシャルトーク。これからの理想の介護の形についてお話 して頂きます。認知症の高齢者が増え続ける中、これからの日本の認知症ケアは どうあるべきか。これから介護を始める人たち、すでに介護の現場に立たれてい る人たち、介護の問題、認知症介護に関心を寄せる人たちに 送る認知症ケアの 痛快メッセージ!!

せん妄患者の薬物治療【重症度別・状況別】

2016年01月16日 00:00

※3名様以上のお申込みで,お一人様1,000円割引。
※昼食は各自でご用意ください。
※参加人数が少ない場合は中止になることがございます。あらかじめご了承ください。

PageTop

[ 運営会社 ]

有限会社メディカルスクウェア(医療系人材サービス・紹介)医師専用ダイヤル:0120-411-499(無料)
本社:〒542-0081 大阪市中央区南船場4-11-17 船場MKビル7階 TEL:06-4704-6640 FAX:06-4704-6641 
有料職業紹介事業許可番号  【27-ユ-300102】 

[ 運営会社HPへ ]

会社概要個人情報保護方針お問合せ